やらおんについて

2015年3月29日日曜日

【コピー】視聴者のポジティブな声でスタッフのモチベがあがりフィルムを良く してくれる!














名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



お前らもっと褒めろ!








川瀬P



ネットでもリアルでも、色々なところからお客さんに喜んでいただいているという声を聞いて、凄く嬉しく思っています。



その声は、しっかり現場にも伝わっているんですよ。

現場は今、物凄く大変な状況にはなってしまっているんですけど

皆さんが喜んでくれているっていう声のおかげで、クリエイターの皆さんが頑張れているんです。



視聴者の声援がクリエイターに力を与えて、フィルムを良いものにしてくれるんだなっていうのは、今回特に肌感覚で感じています。あるスタッフさんは、「短期間で、この量を描くのは本当にしんどい。でも、みんなが喜んでくれてるから今さらクオリティを下げるわけにはいかない。なんとかやらなきゃ」みたいなところで、頑張られているそうです。



その話を堀川さんから聞いたとき、やっぱり視聴者の皆さんのポジティブな言葉って力になるなぁ、と。

結局作っているのは人間ですから、自分の成したことにポジティブな声をもらうと嬉しいですし、その嬉しいというポジティブな感覚がまた自然と作品をクオリティアップしていくんですね。



もちろん他のスタッフの方々も、みんな同じ気持ちでノリノリでやって下さっていて

これはもうほんとに皆さんのポジティブな声のおかげです。




http://ani-ko.com/03-kawase01







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



艦これとかグールとかアルドノアとかスタッフどんな気持ちなのか







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



そりゃ面白ければ褒めるし

つまらなければ批判する








名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



艦これスタッフのモチベどうなってんだろw







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



白箱は絶賛だらけだからモチベあがるだろうな

批判なんてほぼ見なかったぞ








名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



ネット見なければいいんじゃないですかね









---------------------



名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



これもう張られたかな?

かなり突っ込んだ話で面白かったw




ttp://ani-ko.com/03-kawase01







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



> その時に分かったのが、最初から水島監督の中に、作品の確固たるイメージがみえていたということでした。

> あおいたちが高校時代に自主アニメを作って今にいたるという流れもそうですし……

> 1話冒頭のカーチェイスも、制作会社を舞台にしたアニメをやるならあれをやりたいと最初から思っていたそうなんです。

> ?? そうなんですか。てっきり、某自動車アニメのパロディかと思っていました。

> 川瀬 制作会社の話だけど、最初は進行車でカーチェイスというのが、ずっとやりたかったらしいんです。

> 「なんだそりゃ」と思いましたし、他のみんなも「?」って感じでしたが、まあやりたかったらしょうがねえなあと(笑)。

> そんな経緯もあって、生まれたシーンでした。




ここらへん面白いw







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



これは・・社長が後藤さんで興津さんがしのぶさんでいいのかなw

ナベPがアスマか?







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



川瀬 

表面だけをみたら、この作品は原作サイドの方たちをさげすんでいて、アニメを制作する人たちをさも

立派な感じに見せているんじゃないかって思う方もいるかもしれないですけど、だとしたら伝えきれてない我々の

力不足なのかもしれません。ただ、ネタバレになっちゃいますが(編注:この取材は22話の放送直前に行った)、

23話で原作者がでてきますので、そこまで観ていただければ分かっていただけるんじゃないかなと。ドラマ的に

そこまで溜めていたんです。ずっと原作者と接触できなかった木下監督と制作スタッフが、もうどうしようもない

状況に陥ったときに、何とかして原作者に会おうとする。で、話し合えばわかると。要は、コミュニケーションは

大事だよっていう話だったりするんですよね。




川瀬 

そうですね。茶沢の話もすると、ある種、彼はお話を動かすための「燃料」みたいな人だったりするので、

彼のキャラクターがどうこうっていうのはなくて、単にお客さんの嫌われ者になってもらう役どころですよね。










名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



これは面白いインタビュー

川瀬Pの仕事のスタンスもなるほどなーと思った

サラリーマン感覚なんだけど、それでもやっぱり関わった仕事で頑張ることで

「面白かった!」という感想を得て

その対価を払ってもらうことに快感を覚えられるって大きいよな








名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



川瀬Pが一番「万策尽きた」って思ったのが灼眼のシャナ

最終回でその演出が髭仙人だったって実話が笑えるw

そりゃ燃え尽きて逃げグセもつきますわ







名前:名無しさん投稿日:2015年03月29日



川瀬さん自身がそのシャナより制作状況悪いと言ってた

白箱最終話が無事放送されたもんなあ

感慨深いだろうなあ








0 件のコメント:

コメントを投稿